税務情報ブログ
屋税理士事務所HOME > 税務情報ブログ
税務情報ブログ
ブログアーカイブ

貸借対照表の見方

投稿日:2017年03月01日

1.貸借対照表とは
2.貸借対照表の見方
3.貸借対照表の5つのチェックポイント
4.貸借対照表の分析

 

貸借対照表とは

 

決算書のうち、損益計算書については以前、
その見方を解説させていただきましたので、
今回は貸借対照表の見方についてご説明さ
せていただきます。

損益計算書が各事業年度ごとの業績を表す
のに対して、貸借対照表は各事業年度末日
の財政状態を表します。

財政状態というのは、どういう種類の資産
や負債がどれくらいあるかということです。

この財政状態を把握することによって、
あなたの会社の安全性をチェックすること
ができます。

金融機関が融資を検討する際には、
損益計算書と同時に貸借対照表も必ず確認
しますので、貸借対照表も損益計算書と同
じくらい重要な書類になります。

 

貸借対照表の見方

 

一般的に、貸借対照表は下記のような様式
になっています。

決算書(貸借対照表)

貸借対照表

表の左上から順番に解説していきます。

「流動資産700」は、資産のうち1年以内
に現金化できる資産で、その内訳は「現金・
預金300」「商品200」「売掛金200」とな
っています。

また、「固定資産300」は、資産のうち長期
に渡って保有するもので、その内訳は「機械
200」「車両100」となっています。

左側一番下の「資産合計1,000」というのは、
期末時点であなたの会社が保有していた資産
の総額になります。

貸借対照表には、期末時点で会社が保有して
いる全ての資産と負債が載っていますので、
どの資産にどれくらいの資金を投下しているか、
および、それら投下した資金が効率的に運用さ
れているかを確認することができます。

次に、右上の「流動負債200」というのは、
負債のうち1年以内に返済期限が到来する負債
で、その内訳は「買掛金100」「支払手形100」
となっています。

また、「固定負債200」は、負債のうち返済期限
が1年以上先になる負債のことで、その内訳は
「長期借入金200」となっています。

その下の「負債合計400」というのは、期末時点
であなたの会社が保有していた負債の総額になり
ます。

やはり、今後返済していかなければならない
負債がどれくらいあるのかというのも会社経営
にとって重要な要素です。

さらに、その下の「資本金500」は、会社設立
時に拠出されたり、会社設立後に追加で増資さ
れた金銭の額になります。その下の「利益剰余金
100」は、会社設立後その会計期間の末日までに
会社内に留保されてきた会社の利益(または損失
)になります。

その下の「純資産合計600」というのは、資産
合計から負債合計を差し引いたもので、期末現在
会社にどれくらいの純資産があるかを示すものです。
純資産合計=資産合計-負債合計

金融機関からの融資を検討している場合には、
最低でもこの純資産額をプラスにしておきたいものです。

 

貸借対照表の5つのチェックポイント

 

貸借対照表の簡単なチェックポイントを5つ
挙げておきたいと思います。

  1. ○純資産合計
  2. ○売掛金
  3. ○商品
  4. ○固定資産
  5. ○その他の科目

 

○純資産合計
上述しましたが、金融機関からの融資を検討
している場合には、純資産合計はプラスにして
おきましょう。

純資産合計は、「純資産合計=資産合計-負債
合計」という算式で計算しますので、純資産が
マイナスということは会社の資産よりも負債の
方が多いということになります。

金融機関としても、債務超過状態の会社に対
する融資はかなり厳しく対応せざるを得ません。

○売掛金
売掛金等の売上債権は、業種にもよりますが、
月間売上高の1~2か月分が一般的な金額です。

それ以上の金額が計上されている場合には回収
不能の売掛金、つまり不良債権の有無をチェック
しましょう。

○商品
商品等の棚卸資産も売掛金と同様、月間仕入高
の1~2か月分が一般的な金額です。

それ以上の金額が計上されている場合には不良
在庫の有無をチェックしましょう。

○固定資産
固定資産は、購入してから数年間にわたり減価
償却費として経費を計上していきます。

しかし、「業績が悪くなるから」と減価償却を
しないでいると、その分毎期の経費が減少して
見かけ上の利益を計上することができます。

しかし、このような方法で見かけ上の利益を
計上したとしても、これは正常な利益ではあ
りません。

なるべく、毎期きちんと減価償却を行うよう
にしてください。

○その他の科目
その他の科目で不透明な科目がないかチェック
します。

不透明な科目というのは、例えば「役員貸付金」
や「仮払金」は要注意です。

なぜならこういった科目は、様々な経費を支払
った際に「役員貸付金」や「仮払金」として処理
して、経費計上を隠すために使われることがある
ためです。

「役員貸付金」や「仮払金」以外にも不透明な
科目はなるべく使わないようにしましょう。

 

貸借対照表の分析

 

最後に、貸借対照表の簡単な分析方法を2つ
ほどご紹介します。

○自己資本比率
自己資本比率=純資産合計÷資産合計

この自己資本比率は、その会社の事業を行う
ための様々な資産(例えば、商品や製品、建物、
機械、売上債権、等)が、どれくらい自己資金
で賄われているかを確認するためのものです。

業種にもよりますが、この比率が40%以上あ
れば良いとされています。

○流動比率
流動比率=流動資産÷流動負債

この流動比率は、1年以内に支払わなければ
いけない「流動負債」に対して、現金・預金
及び1年以内に現金化できる「流動資産」を
どれくらい保有しているかを確認するための
ものです。

この比率が100%以上あれば最低限はクリアー
ですが、120~130%くらいあれば良いですね。

請負の契約書に貼付する印紙

投稿日:2016年09月01日

1.印紙とは
2.請負契約と委任契約
3.請負契約書
4.請負契約書に貼付する印紙

 

印紙とは

 

印紙とは、印紙税法という法律で定められている
税金を納付するために、領収書や契約書等の書類
に貼付する切手のような紙のことです。

例えば、領収書です。
領収書の場合、5万円以上の金額が記載されてい
れば印紙を貼らなければいけません。
領収書の金額によって、添付すべき印紙の金額は
以下のようになっています。

5万円未満:非課税
100万円以下:200円
100万円~200万円:400円
200万円~300万円:600円
300万円~500万円:1千円
500万円~1千万円:2千円
1千万円~2千万円:4千円
2千万円~3千万円:6千円
3千万円~5千万円:1万円
5千万円~1億円:2万円
1億円~2億円:4万円
2億円~3億円:6万円
3億円~5億円:10万円
5億円~10億円:15万円
10億円を超えるもの:20万円
受取金額の記載のないもの:200円

この印紙税は、領収書だけではなく、請負契約書や
不動産の売買契約書、金銭の貸借契約書、等にも貼
らなければいけません。

印紙税法では、印紙を貼るべき書類として20種類の
書類を定めています。

したがって、この20種類の書類には必ず印紙を貼らな
ければなりませんが、逆に言うと、この20種類の書類
以外は印紙を貼らなくて良いということになります。

 

請負契約と委任契約

 

ここで問題になるのは、そもそも作成した書類が
この20種類の書類に該当するか否かです。

例えば、請負契約の契約書には印紙を貼らなければ
なりませんが、委任契約の契約書であれば印紙の
貼付は不要となっています。

ここで簡単に「請負契約」と「委任契約」と書き
ましたが、実務上でこの2つの契約を区別するの
は非常に大変です。

というのも、この2つの契約の基本的な考え方は
共に民法に規定されていますが、民法の条文は
日常生活の中で発生する様々な経済取引を抽象的
に記載していますので、細かな点までは規定され
ていないのです。

民法632条(請負)
請負は、当事者の一方がある仕事を完成する
ことを約し、相手方がその仕事の結果に対して
その報酬を支払うことを約することによって、
その効力を生ずる。

民法643条(委任)
委任は、当事者の一方が法律行為をすることを
相手方に委託し、相手方がこれを承諾すること
によって、その効力を生ずる。

したがって、個々の契約書が「請負契約」と「委任契約」
のどちらに該当するかは、その契約書に記載されている
内容をよく見て判断しなければいけません。

請負の意義(国税庁HP)

 

請負契約書

 

「請負契約」と「委任契約」のうち印紙を貼らなけ
ればいけないのは「請負契約」の方になります。

ここで、上記の民法632条(請負)を確認してみる
と、少なくとも2つのことを読み取ることができます。

1つ目は、「仕事を完成することを約し」と規定され
ていることから、何らかの仕事を完成させるような契約
であるということ。

2つ目は、「仕事の結果に対してその報酬を支払う
ことを約する」と規定されていることから、相手方
が完成した仕事に対して何らかの報酬を支払う契約
であるということ。

一方、民法643(委任)条には、仕事の完成やその
仕事に対する報酬を支払うことは規定されていません。

例えば、我々税理士の顧問契約書にも、基本的には
印紙の貼付は必要ないとされています。

何故でしょうか。
我々税理士も、何らかの仕事の依頼を受けて顧問先の
皆様から報酬を受け取っているはずです。

答えは、我々税理士の仕事は「仕事を完成することを
約し」に当たらないからです。

この「仕事を完成することを約し」というのは、例えば
建築請負や車の修理、機械の保守点検、等のように、納品
する物品や提供するサービスがあらかじめ定められていて、
それを完成するという意味なのです。

一方、我々税理士の顧問契約は、顧問先様の税務相談や
決算書の作成、税務申告等を行うわけですが、これは予め
作業内容が細かく決められているわけではなく、決められ
た納品物があるわけでもありません。

基本的には、税理士個人々人の知識や経験等をもとに作業
を行うことになります。
(※もちろん各種税法等の法律に基づいての作業なるのは
言うまでもありません。)

したがって、民法643条の「委任契約」に当たるというこ
とになります。

同様の考え方から、コンサルタント契約も「委任契約」に
なることが多いと考えられます。

しかし、税理士やコンサルタントとの契約でも、例えば
「○○期分の決算書の作成に対して報酬を支払う」や
「○○月分の試算表の作成に対して報酬を支払う」、
「○○の調査についての、調査報告書作成に対して報酬を支払う」
というような記載があれば、これは「請負契約」となり
印紙の貼付が必要になります。

 

請負契約書に貼付する印紙

 

上のように契約書の内容をよく確認した結果、「請負契約」
に当たるとなった場合には印紙の貼付が必要になります。

この場合の印紙税の税額は以下の通りになります。

1万円未満:非課税
1万円~200万円:200円
200万円~300万円:500円
300万円~500万円:1千円
500万円~1000万円:5千円
1,000万円~5,000万円:1万円
5,000万円~1億円:3万円
1億円~5億円:6万円
5億円~10億円:16万円
10億円~50億円:32万円
50億円を超えるもの 48万円
(契約金額の記載のないもの) 200円

皆様も、契約書への印紙の貼付漏れの無いように
しっかりと契約書の内容をご確認ください。

決算書の見方

投稿日:2015年03月16日

1.情報としての決算書
2.決算書とは
3.決算書の見方

 

情報としての決算書

 

昔から「情報を制するものは世界を制す」と
言われます。

現在日本では、ほとんどの家庭にインター
ネットが普及し、様々な情報を取得するこ
とが容易になりました。

また、携帯電話も一人一台の時代になり、
携帯電話やスマホからインターネットを
使用することが可能となりました。

※日本のインターネット普及率82.8%(平成25年度末)
※日本の携帯電話普及率101.7%(平成25年度末)

今や世の中は情報であふれています。

現代に生きる私たちは、このあふれかえっ
た情報の中から必要なものを抜き出し、その
情報に自分なりの判断を加えて行動してい
かなければなりません。

たとえば、ファッションに興味がある人が
いたとします。

しかし、いくらファッションに興味がある
とはいえ全てのファッション雑誌をチェッ
クすることはできませんので、自分でいく
つか購入する雑誌を選びます(情報の取捨)。

購入したファッション雑誌に載っている洋服
の中から、自分に似合いそうなものを見つけて
(判断し)購入するという行動に移るわけです。

このような情報の利用方法は会社経営におい
ても同様で、たくさんの情報の中から自分に
必要な情報を抜き出し、そこに自分なりの判断
を加えて会社の経営に生かしていかなければ
なりません。

もちろん、必要な情報か否かは人によって異な
るため、一律に有用な情報とそれ以外の情報を
分けることはできません。

しかし、現代社会においては、この情報の見極
めが非常に重要となってきます。

会社経営に有用な情報は様々なものがあり、
必要となる情報も千差万別です。

しかし、唯一これだけは、どの会社でも有用だ
と言い切れる情報があります。

「決算書」です。

 

決算書とは

 

決算書は、数字という世界共通の言語によって、
その会社の財務状況や業績を表しています。

この決算書の中には、売上高や仕入高はもち
ろん、社員の給料や事務所の家賃、借入金や
手形の残高、保有する備品(固定資産)の残
高、等の情報が満載です。

これら決算書の情報は、利用しようという気
が無ければただの数字の羅列です。

しかし、決算書の情報を利用しようと考えて
いる人たちにとっては宝の山です。

決算書の情報は、株式市場で株式を売買する
ための大きな判断材料となりますし、経営者
にとっては今後の経営計画に無くてはならな
い情報です。

また、金融機関にとっても、決算書の情報は
融資を実行するか否かの判断を下す重要な
情報です。

このように、決算書の情報は利用しようと考
えている人たちにとっては非常に重要なもの
なのですが、経営者の中には、この決算書の
見方が解らないという方が多くいらっしゃい
ます。

そこで今回は、この決算書の中でも重要な損益
計算書の見方を簡単に説明したいと思います。

 

決算書の見方

 

決算書(損益計算書)
損益計算書

上記のような決算書を例にすると、やはり、
決算書を見るときに一番目につくのは、一
番上に表示される「A.売上高10,000」と
一番下に表示される「M.当期純利益300」
です。

決算書の「A.売上高10,000」は会社の規
模を表します。つまり年商がいくらの規模
の会社なのかということです。

「M.当期純利益300」も、決算書の中で一番
下に表示されるため目につきやすいです。こ
の数字は、会社の最終的な利益を表します。

また、銀行や株主が最も重視するのもこの
「M.当期純利益300」です。

よくニュース等で、上場企業の最終利益が
過去最高になりましたなどと言っているの
は、この「M.当期純利益300」のことにな
ります。

決算書の見方という点から言いますと、
最近の傾向として、「A.売上高」よりも
「M.当期純利益」を重視する傾向にあ
ります。

私も顧問先の決算書を確認する場合には、
最初に「A.売上高」を確認するものの、
やはり「M.当期純利益」を最も重視して
います。

決算書を見るうえで次に見るべき点とし
ては、「E.営業利益1,000」と「H.経常
利益900」があります。

この二つの利益は、本業でどれだけの利益
が出ているかを示すものです。

つまり、株や固定資産の売買等、本業とは
関係の無い「I.特別利益500」や「J.特別
損失1,000」を加味する前の段階の利益です。

逆に「E.営業利益1,000」と「H.経常利益
900」が赤字ということは、利益を出すべき
本業で赤字を出している状況を示しています。

したがって、この段階ではなるべく黒字を
確保しておきたいものです。

次に、決算書上の「D.販売費及び一般管理
費3,000」と記載されている部分です。

この「D.販売費及び一般管理費」の中には、
人件費や家賃、交際費、交通費、通信費、
外注費、広告宣伝費、その他、仕入以外の
重要な経費が入っています。

したがって、決算書には「D.販売費及び一般
管理費」の内訳書が必ず入っています。この
内訳書を必ず確認し、自分の会社の無駄な
経費をチェックして経費の削減に役立ててく
ださい。

最後に、決算書上の「F.営業外収益100」
「G.営業外費用200」「I.特別利益500」
「J.特別損失1,000」については、金額が
そんなに大きくないか、または、稀に大き
い金額が計上されたとしても一過性のもの
ですので、さほど気にする必要はありません。

決算書の見方は利用する立場によって様々
ですが、経営者や経理担当者が決算書を確
認する場合には、上記のような点に注意し
て決算書を確認してみましょう。

決算時期の決め方

投稿日:2015年02月09日

1.決算時期
2.上場会社の決算時期
3.会社設立時の決算時期の決め方

 

決算時期

 

会社の決算時期は、結論から言いますと、
何月でもいいですし、会社設立後に
決算時期を変更することも可能です。

 

上場会社等の決算時期

 

現在、日本の会社で最も多い決算時期は3月
と言われています。

これは、決算後に開催される株主総会での
総会屋対策のためであったり、国や
地方自治体との仕事が多い会社の場合には、
国の予算期間(4/1~3/31)に決算時期を
合わせた方が、予算を組みやすいため、
と言われています。

総会屋とは、会社の株式を若干数保有し、
決算や株主総会で、議事進行の妨害を行うなどして
会社から不当に利益を得ようとする人たちの総称です。

会社側は、総会屋が複数の会社の株主総会
に出席できないように、決算時期や株主総会
の開催時期を他の会社と同じにして、総会屋
対策を行っています。

実際、上場会社では、3月決算の会社が圧倒的に多いです。

総会屋と言われる人たちはかなり減ってきて
いるといわれていますが、現在でも数百人が
総会屋として活動しているといわれています。

しかし、そもそも株式上場どころか、
これから立ち上げようとする会社に
総会屋が入り込んでくることなどありえません。

将来、会社が大きくなって、株式の上場が
狙えるようになった時点で、決算時期の変更
を考えれば十分です。

また、国の予算期間(4/1~3/31)に決算時期を
合わせた方が良いという考え方もあります。

たしかに、大きな取引先の決算時期と、自社の
決算時期を合わせると、予算設定がやりやすくなる
と思います。

しかし、決算時期が異なっても、予算を組むこと
は可能ですので、この点についてはあまり気にする
必要は無いかと思います。

ところで、アメリカやヨーロッパの会社は
12月決算が多いと言われています。
実際、私が担当させていただいている外資系
の会社も12月決算が多いです。

 

会社設立時の決算時期の決め方

 

日本では、決算時期を何月にするかは会社の自由です。
ですので、特にこだわりが無ければ、会社設立から
1年後に決算時期を設定するのが一般的です。

そうすることにより、会社設立初年度から12ヶ月間の
事業年度となり、消費税免除を丸々12カ月間
受けることができます。

※消費税免税
通常、法人は消費税を納税する義務があります。
しかし、資本金が1,000万円未満の法人については、
設立1年目の消費税が免税になります。
また、設立1年目の売上高や人件費の額によって
2年目も消費税が免税になる場合があります。

また、売上高が最も多い月の前月に決算時期を
設定するのも良いと思います。

というのも、売上が最も多い月に決算時期を
設定すると、利益も一番多くなります。
その結果、決算対策を行う期間が短くなり、
会社には利益が残り、その利益に税金が課税されます。

例えば、おもちゃ屋さんでしたら、クリスマス
シーズンで売上高がピークになる12月ではなくて、
11月を決算時期にすれば、事業年度の初めで
ある12月にあげた利益をどう使えば良いのか、
時間をかけて対策を練ることができます。

これが12月決算だと、12月にあげた利益の
対策を行う期間が非常に短くなってしまい、
結果、その利益に税金が課税されてしまいます。

もっとも、税金対策よりも、銀行対策のために、
何が何でも黒字にしたいという会社は、逆に、
最も売上高が多い月に決算時期を設定したほうが
良いかもしれません。

また、これは当然ですが、自社の本業の繁忙期と
決算業務とが重ならないようにすべきです。

例えば、先ほど例に出したおもちゃ屋さんで、
10月を決算時期にすると、12月中に株主総会を開き、
同月末までに税務申告を行わなくてはなりません。

そうなると、繁忙期のクリスマスシーズン
まっただ中に決算業務を行うこととなり、
非常に大変な思いをすることになります。

一般的に、決算時期というと、3月や12月の
イメージが強いかもしれません。

しかし、どの業界も年間を通して、繁閑期の波が
ありますので、会社設立時に決算時期を決める際は、
事前にその繁閑期の波を調べてから決算時期を
決定することをおすすめします。

なんとなく3月決算などと設定するのではなく、
自分の会社の事業内容に合わせて、しっかりと
戦略を練って、決算時期を決めてください。

経営理念 業務内容 料金表 会社設立サポート 税理士変更サポート 事務所設立Story 無料相談からお見積もりまで 税務情報ブログ 採用情報 お問い合わせ
会社設立や経理代行等、各種税理士業務に関するご相談なら、新宿の屋税理士事務所までお気軽にご相談ください。
屋税理士事務所
東京都新宿区新宿2‐14‐6
第一早川屋ビル305
●地下鉄新宿御苑前駅・新宿三丁目駅徒歩5分
●JR新宿駅徒歩10分