おしらせ・ブログ

会計

税理士によるセカンドオピニオン

2018年4月9日

会社で事業を行っている場合、
ほとんどの会社が税理士に
経理処理や税務申告を依頼
しているかと思います。

個人事業主として事業を行って
いる場合であっても、従業員を
雇っている場合や支店がある
場合等、ある程度の事業規模
になってくると税理士に経理
処理や税務申告を依頼する
ケースも多いです。

通常、税理士に経理処理や
税務申告を依頼する場合、
業務契約書を取り交わし
顧問税理士として依頼する
ことになります。

ただ、一旦業務契約書を取り交わ
し経理処理や税務申告業務を
任せてしまった場合、依頼先の
顧問税理士以外の税理士に相談
する機会というのはほぼ無いと思
います。

一方、日々発生する経費が
税務調査の際に本当に経費
として認められるのか、

逆に自分は経費として認識している
けど顧問税理士からは経費として
認められないと言われた、等々、

ちょっとした相談事でも、顧問税理士
と異なる切り口から意見が聞きたいと
思ってもなかなか難しいと思います。

こういった会社経営者の方や
個人事業主の方のために、屋
税理士事務所では顧問税理士契約
とは別にセカンドオピニオン契約を
ご用意させていただいてお
ります。

顧問税理士とはまた違う立場から、
日々の経理処理や税務申告、
税務調査、資金繰り等の会社経営
に関することまでご相談いただけます。

セカンドオピニオン契約の料金は、
ご相談いただく内容や頻度、会社の
規模にもよりますが、屋税理士事務所
の場合には月々10,000~30,000円と
なっております。

お気軽にご連絡ください。

ページトップへ矢印