おしらせ・ブログ

会計

会社経理の仕事内容

2019年1月9日

会社経理のおおまかな仕事内容

自分でできる?税理士と一緒にやる場合の負担は?

「会社の経理をきちんとやってい
ないと税務調査がきたときに大変
と聞いた。

でも人件費を考えると経理担当者
は雇いたくないし、税理士に相談
するのもなんとなくめんどう…」

こんなお悩みをお持ちの社長さん、
ひょっとしたら多いのではないで
しょうか。

この記事では、会社経理の
おおまかな仕事内容と、
税理士に依頼した場合の
業務負担について簡単に
説明しますので、ぜひ参考
にしてみてくださいね。

会社経理の大まかな仕事内容とは

会社の経理とは、ものすごく
簡単にいえば「会社のお金の
流れを会計ソフトに入力し、
1年に1回決算書を作って税金
を申告すること」をいいます。

税金の申告は、日本国内で活動
するすべての会社が、1年に
1回は必ず行わないといけません。

そのため、会社経理(特に
中小企業)の最終目標は、
この「税金の計算をするため
の決算書を作ること」といえ
ます。

また、正確な決算書を作ることで、
「自分の会社が今どういう状況に
あるのか?」をおおまかに知るこ
とができるようになります。

これによって、社長の経営判断
に役立てたり、銀行との融資交渉
をスムーズに進められるように
なるというメリットもあるのです。

会社経理の仕事内容は3つに分けられる

次に、会社の経理とは具体的には
どういう仕事をしないといけな
いのか?についてみていきましょう。

会社経理の仕事は、おおまかに
いうと次の3つに分けることが
できます。

①毎日やる仕事

②毎月やる仕事(月次決算業務)

③1年に1回やる仕事(決算業務)

以下、それぞれの項目につい
て順番に説明します。

①毎日やる仕事

毎日行う経理の仕事は、お金の
管理と会計ソフトへの入力作業
がメインとなります。

仕入先に銀行振り込みをしたり、
従業員に給料を支払ったりといっ
たお金に関する動きを管理する
とともに、そうした動きを会計
ソフトに記録していく必要があ
ります。

なお、会計ソフトへの入力作業は、
上で見たような実際に現預金が
動く場合だけでなく、例えば
「月締めの請求書を得意先に
送った」というように、実際に
現預金はまだ動いていないけれど、
会計上記録が必要な取引も含まれ
ます。

経理では、会計ソフトを使って
こうした日常的な会社のお金
の動きを記録していき、最終的
に1年に1回決算書を作成する
という目標に向かって業務を
進めていくことになります。

②毎月やる仕事(月次決算業務)

上でも見たように、経理の最終
目標は「1年に1回、決算書を
作って税金を計算すること」
なのですが、集計するのが1年
に1回だけだとどうしてもミス
が出てしまいます。

また、会計データには、「会社
の現在の状況を把握するために
使う」という役割もありますから、
そのデータが1年に1回しか作成
できないというのはなんとも心
もとないですよね。

そのため、通常は1か月に1回
のタイミングで「月次決算」
を行うのが一般的です。

月次決算は、1年に1回行う決
算の簡易版のようなもので、この
作業の結果として試算表という
ものを作成します。

試算表はその会社の最新の
状況を表すデータですから、
経営判断に役立てるとともに、
銀行との融資交渉の資料と
なることもあります。

③1年に1回やる仕事(決算業務)

会社の経理業務は、
毎日の会計ソフトの入力(①)と、
毎月の月次決算(②)を繰り返し、
1年の最後まできたら、決算業務
(③)を行います。

決算業務とは、ごく簡単にいえ
ば会社の売上から経費を差し
引きして、当期の利益を計算す
ることを言います。

例えば「売上高の年間合計額が
1000万円で、経費が400万円なら、
当期の利益は600万円
(1000万円-400万円)になる」
といった具合ですね。

この「当期の利益」の金額に応
じて、その会社の税金の金額が
決まりますので、決算業務は
非常に重要な作業といえます。

①の毎日の会計ソフト入力と、
②の月次決算を正確に行って
いれば、帳簿上の決算業務と
いうのはそれほど大変な作業
ではありませんが、期末在庫の
棚卸作業など業種によっては
大掛かりな作業が必要になる
こともあります。

決算業務が完了すると、その
結果として貸借対照表や
損益計算書といった決算書
が完成します。

これらの書類作成も、会社
の経理を行ううえで非常に
重要なことになります。

決算書があれば、1年間の会社の
活動を評価し、今後の経営目標
を具体的な情報に基づいて考え
ることが可能になります。

会社経理を税理士と一緒にやる場合の負担は?

上で見てきた、

①毎日やる仕事

②毎月やる仕事

③1年に1回やる仕事、

の3つを、社内の経理部門で
すべて処理できるのであれば
問題はありません。

しかし、こうした作業には、
どうしても会計や税務の
専門知識が必要になるの
が実際のところです。

経理や税務の専門知識を持った
スタッフを雇用する場合には、
コストとして人件費が発生します
から、慎重な判断が必要になるで
しょう。

「人件費の発生はできれば避け
たいけれど、経理や税金の計算
もきちんとしておきたい」とお考え
の方は、税理士事務所と顧問契約を
結ぶことも検討してみてください。

税理士事務所との顧問契約は、
専門のスタッフを雇用するのと
比較するとかなりコストを抑え
ることが可能になります。

(税理士事務所との顧問契約は、
月額数万円程度の顧問料と、
「月額顧問料の3~4か月分」と
いう形での決算料の合計になる
のが一般的です。

月額顧問料がいくらになるかは
会社の規模にもよりますから、
見積もり依頼が必要になります)

税理士事務所と顧問契約した場合の経理業務

税理士事務所と顧問契約した
場合には、会社経理の業務負担
を大幅に減らすことが可能にな
ります。

税理士事務所との顧問契約の
内容は、大きく分けて次の2種類
に分けることができます。

①日常の経理処理(会計ソフト入力)
も税理士事務所に依頼するケース

②日常の経理処理(会計ソフト入力)
は自社で行い、月次決算や
年次決算を依頼するケース

こちらも順番に見ていきましょう。

①日常の経理処理(会計ソフト入力)も税理士事務所に依頼するケース

①を選択した場合には、
月額顧問料がやや割高になります
が、経理に関する作業をほとんど
すべて税理士に依頼することが
可能になります。

請求書や領収書といった資料を、
毎月1回税理士事務所に送付す
るだけで、会計や税務の処理を
してくれますから、「経理に関す
る作業は全部任せてしまいたい」
という方は選択するメリットが大き
いでしょう。

②日常の経理処理(会計ソフト入力)は自社で行い、
月次決算や年次決算を 税理士事務所に依頼するケース

一方で、②の場合は会計ソフト
への入力作業は自社で行います。

この場合、1~2か月に1回の
タイミングで税理士に会社を
訪問してもらい、必要な経理
チェックと決算作業を行っても
らうという形になることが多い
です。

会社の経理業務の負担は①
に比べるとやや大きくなりますが、
会社が成長していくためには
自社内で経理作業を完結でき
るのが本来は望ましいです。

そのため、
中長期的に経理スタッフを
自社内で育成していきたいと
いうケースでは②を選択するの
が良いでしょう。

会社経理のまとめ

今回は、中小企業経営者の
方向けに、会社経理の仕事
内容について簡単に説明い
たしました。

会社の経理は、税金の計算
や銀行の融資対策に大きな
影響を与えるほか、会社が
成長していくために必須の
仕事でもあります。

中長期的には自社内で専門
の経理スタッフを育成すると
ともに、専門家の支援を受け
ながら日常の業務を行う
のが適切といえるでしょう。

直近で、税金の計算や経理業務
の処理でアドバイスが必要な方は、
税理士と顧問契約を結ぶことも
ぜひ検討してみてくださいね。

ページトップへ矢印