おしらせ・ブログ

所得税

節税対策と決算賞与

2019年6月30日

決算賞与を支給するメリット

賞与を支払う時期は会社によって
異なりますが、一般的に、社員の
方に支払う賞与は夏と冬かと思い
ます。

しかし、会社の業績が思った以上
に好調で、決算月の少し前の時点
でかなりの利益が計上されてい
るような場合、会社の業績向上に
貢献した社員に対して決算賞与を
支給することができます。

業績向上に貢献した社員に対して
決算賞与を支給することによって、
その社員のモチベーションアップに
なり、来期以降の業績に好影響を
与えますし、社員の方に支払った
決算賞与は会社の経費になります
ので会社の節税対策にもなります。

※一方で、役員に支払う賞与は、
原則として会社の損金にはなりま
せん。

また、社員が業績向上に貢献した
からといって、毎月の基本給を大幅
にアップしてしまうと、その後に
基本給を引き下げるのは難しいです。

そういった観点からも、決算賞与を
上手に使うことが望ましいです。

決算賞与のタイミング

決算賞与は、決算日までにその
支給金額を各社員に通知すれば
、実際の支給日が決算日よりも後
になっても経費計上が認められま
す(ただし、決算日の1か月後まで
には支給しなければなりません)。

ただし、以下のような社員が1人
でもいた場合、全員分の決算賞与
を実際に払った日の経費として
処理しなければなりませんので
注意しましょう。

決算日前に賞与金額の通知は行っ
たが、翌期に実際に支払った金額が
通知した金額と違った場合。

決算日前に賞与金額の通知は行っ
たが、退職等により1人でも1か月
以内に受け取れない社員がいた場合。

税務調査の際、決算賞与で問題と
されるは、決算賞与金額の通知の
時期が決算日前なのかという点です。

この通知の時期を明確にしておくた
めに、決算賞与金額の通知は書面
や電子メールを使って行うようにして、
税務調査の際に説明を求められた
場合には、それらの書面を提出でき
るようにしておきたいですね。

皆様も、この「決算賞与」を上手に
利用して、社員のモチベーション
アップと会社の節税対策を実行し

て下さい。

ページトップへ矢印